エコな暮らし

7月 1st, 2015Posted by ポポン

夏は涼しく冬暖かい家に住みたいと我々夫婦は以前から話していました。そんな我が家もついに新築住宅を建てることになりました。その住宅に求めることはもちろん夏は涼しく冬暖かい家です。冷暖房に頼ることなくエコな暮らしがしたいものです。それを実現するためにはまず住宅自体の断熱性が求められます。
断熱工法は内断熱と外張り断熱がありますが、この工法は断熱性には大きな影響を与えないと言われています。使用する断熱材の素材によって住宅の断熱性は大きく左右するのです。断熱性の高い家は坪単価も割高になってしまうのですが、冷暖房に頼らず快適性の高い住宅を手に入れるには住宅の断熱性は手を抜きたくない部分ではあります。
それだけでなく、窓の断熱性も重要です。熱の出入り口で一番大きいのが窓です。この窓への対策をしっかり行うことで住宅の気密性や断熱性に大きく影響するのです。そこで我が家の窓は遮熱高断熱複層ガラスにして、断熱性の高い樹脂サッシにしました。窓の断熱性を高めることで、夏は外からの熱をシャットアウトし、冬は室内の暖気を外に逃がさないのです。冷暖房効率も高められるので、光熱費にも関わってくるだけに、家計を大きく助けてくれそうです。
そして我が家は太陽光発電を導入しました。オール電化住宅で、太陽の熱を上手に活用することでエコな暮らしを送ることができます。
家庭内で消費される電力をまかなってくれることはもちろん、余った電気を電力会社に売ることもできるのです。断熱性の高い家で太陽光発電を導入することでエコな暮らしを実現できそうです。